• 文字サイズ変更標準

電話番号:092-831-1211

平日 9:00〜17:00 土曜 9:00〜13:00

診療のご案内

医療技術部

臨床工学科

現代医療の発展は医学の進歩に加え、診断・治療に用いる医療機器(医用工学機器)の進歩にも支えられています。
心電図や血圧などを看視する「生体情報モニタ」、薬液の持続点滴を行う「精密輸液注入ポンプ」も医用工学機器です。さらに、心臓機能を補助する「大動脈バルーンパンピング装置」、呼吸機能を補助/代行する「人工呼吸器」、血液中から有害物質を除去する「血液浄化装置」も医用工学機器です。

特に人の呼吸、循環、代謝といったような生命の維持に直接つながる機能を代行したり、補助したりする装置のことを生命維持管理装置といえいます。
このような多種多様な医療機器の中においても、特に生命維持管理装置の進歩はめざましく、その操作および管理には、より高度な技術と知識が必要とされるようになりました。

それに伴い、医学(Medical)と工学(Engineering)両面の知識を持ち合わせ、臨床治療に生かす専門職が求められました。

そして誕生した国家資格が”臨床工学技士”です。

業務内容

医療機器管理業務 人工呼吸器・ 徐細動装置・輸液・シリンジポンプ・IABP

Figure 1

現代の医療機器の進歩はめざましく、どこの病院内も高機能・高性能な医療機器であふれかえっています。新規購入した高額な医療機器であっても高機能・高性能を使いこなせない。また操作方法が理解出来ないために医療事故につながる可能性もあります。
当院では臨床工学技士が医療機器購入に際し、機種選定に介入し、可能な限り機種の統一を図り、使用者に対して使用説明および定期講習会を開催し、安全性向上の責務に努めています。

循環器関連業務 心臓カテーテル・ペースメーカー・アブレーション業務

Figure 2

主に狭心症や急性心筋梗塞に対する検査ならびに治療の技術支援を行います。心内圧計測、心拍出量測定、酸素飽和度測定、IVUS(血管内超音波)、OCT/FFRの操作、心電図監視、および記録を行っています。
ペースメーカー業務においても、ペースメーカーチェック、植え込みなどにも関わりり、またアブレーション業務においては、電気生理検査やカルトシステムの操作などにも積極的に挑戦中です。

血液浄化業務 人工透析、血液・血漿吸着

Figure 3

血液浄化業務では、維持透析患者の受け入れのため、個人用透析装置2台、また急性腎不全等に対しては、持続緩徐式血液濾過透析なども施行できる体制を整えております。潰瘍性大腸炎やクローン病に対する顆粒球除去療法(GCAP)や白血球除去療法(LCAP)も行っております。

【主な取得資格】
認定・資格 主催 人数
3学会呼吸療法認定士 3学会合同呼吸療法認定士認定委員会 1名
二級臨床検査士(循環生理学) 日本臨床検査同学院 1名
二級臨床検査士(神経生理学) 日本臨床検査同学院 1名
透析技術認定士 透析療法合同専門委員会 1名
第二種ME技術者 日本生体医工学会 2名

×閉じる