• 文字サイズ変更標準

電話番号:092-831-1211

平日 9:00〜17:00 土曜 9:00〜13:00

診療のご案内

看護部

看護部

看護部理念

看護部長のあいさつ

当センターでは、その人らしさを尊重し心のこもった看護が実践できるようチーム医療の充実に努めています。そのためには感じ、考え、行動できる主体性と協調性が求められます。
一人ひとりが自己の可能性を伸ばせるような教育体制と支援、ママさんナースが働きやすい職場づくりへの工夫をしています。当センターでやりたい看護をみつけませんか。

平成27年度看護部目標

患者の安全・安楽な看護を提供する

  • 医療安全行動の推進
  • 感染防止行動の遵守

職員教育の充実

  • 職員教育の充実
  • 現任教育の充実(新人、新任期)
  • 資格取得、研修参加への支援
  • 研究的視点の向上、学会発表など

接遇改善

  • ホスピタリテイ精神の育成

チーム医療の推進

  • 他職種との連動で患者中心の医療・看護の提供に努める
  • 専門職集団のリーダー的役割を担う

看護体制

実際に、病院で働くとなった時に心配なのは看護体制ですね。
成人病センターでは、2交替の勤務体制を採っています。

看護業務単位(3単位)
外来(内視鏡室、循環器室含む)
2階病棟(主に循環器科)
3階病棟(主に消化器科、代謝内分泌、血液内科)

早出
7:30~15:30
日勤
8:30~16:30
日勤2
9:30~17:30
遅出
13:30~21:30
夜勤
16:30~8:30

成人病センター看護部では多数の委員会やプロジェクトチームを通じて患者により良い看護を提供できるように努めています。

  • 医療安全対策委員会(看護部WG)
  • 院内感染予防対策委員会(リンクナース)
  • クリニカルパス委員会(看護部WG)
  • 記録委員会(看護部独自)
  • 看護必要度委員会(看護部独自)
  • 教育委員会(看護部独自)
  • NST
  • 褥瘡チーム
  • 糖尿病ケアチーム
  • 心リハチーム
  • 呼吸ケアチーム
  • BLS
  • ACLSチーム

就職希望の皆様へ

平成18年度より、看護体制の充実および強化に向けて、7対1看護の導入をしております。内科単科の急性期DPC病院です。
やる気のある「あなた」のご応募をお待ちしております。

▲トップへ

教育と研究

教育方針

福岡市医師会成人病センターでは組織の目標を踏まえたキャリアデザイン(将来像)を各自で描き、自己の責任で各個人の目標達成に必要な能力の向上に取り組むための「キャリア開発プログラム」を取り入れています。また、専門職業人として感性豊かな、生涯にわたって主体的に学習できる看護師の育成を目指しています。

看護部 教育理念

  1. 専門職業人として倫理に基づき、患者や家族に心のこもった看護実践を提供できる看護師を育成する。
  2. 社会のニーズに対応した的確な看護を実践するために、専門職として幅広い知識・技術を習得した看護師を育成する。
  3. 地域を含む医療チームの一員として、他者との連携を図り、計画的で継続性のある看護実践を行う看護師を育成する。

看護部 教育目的

  1. 看護倫理に基づいた行動がとれるように人間性豊かな感性を育成する。
  2. 社会の変化、ニーズに対応するための、科学的根拠に基づいた看護実践能力を育成する。
  3. 画的で継続性のある看護実践を行うために、主体性・自律性をもって他者との連携を図りなが ら活動できる看護師を育成する。

看護部 教育目標

  1. 看護者の倫理網領に基づいて自己の看護実践を振り返り、専門職として引き受ける責任を自覚す る。
  2. 新人教育計画及び、キャリア開発ラダーに沿って、知識・技術を習得する。
  3. 医療チームとしての自覚をもち、問題解決能力・判断力を身につける。 

※キャリア教育プログラムについて

※対象別集合研修

学会発表(H.27年度)

第21回日本心臓リハビリテーション学会
心臓病再発予防外来は行動変容ステージの維持に有効である
第24回日本心血管インターベンション治療学会CVIT2015
90歳以上の超高齢者の心臓カテーテル検査症例の特徴と看護
第53回日本糖尿病学会 九州地方会
糖尿病教育入院における患者主体の療養目標立案
~コーチングプラクティクスによる取り組み~
第16回日本クリニカルパス学会
糖尿病教育パスに行動変容ステージを取り入れた結果の検証
運用環境を整えたことによる緊急心臓カテーテル搬入時のパスへの影響

専門看護領域(スペシャリスト)

分野 人数 分野 人数
糖尿病看護認定看護師 1 循環器専門ナース 1
日本糖尿病療養指導士(CDEJ) 2 インターベンションエキスパートナース 3
福岡糖尿病療養指導士(LCDE) 11 認知症ケア指導管理士(初級) 1
呼吸療法認定士 3 肝炎治療コーディネーター 2
健康運動指導士 1 内視鏡技師 6
介護支援専門員 1 ファーストレベル(認定看護管理) 4

病棟・外来の紹介

外来病棟

一般内科、循環器科、消化器科、糖尿病・代謝内分泌科、血液内科、呼吸器科を診療科目としています。内視鏡、カテ室、放射線科を抱え、クリニックからの検査依頼が多い部署です。

2階病棟

心筋梗塞、狭心症、慢性心不全、不整脈等の循環器疾患患者が多い病棟です。

3階病棟

糖尿病、消化器疾患、血液疾患、ターミナル期の患者が多い病棟です。

勤務体制について

成人病センターでは、2交替の勤務体制を採っています。

看護業務単位(3単位)
外来(内視鏡室、循環器室含む)
2階病棟(主に循環器科)
3階病棟(主に消化器科、代謝内分泌、血液内科)
日勤
8時30分 ~ 16時30分
日勤2
9時30分 ~ 17時30分
夜勤
16時30分 ~ 9時00分(夜勤回数 3~4回/月)
早出
7時30分 ~ 15時30分
遅出
13時30分 ~ 21時30分

※ワーク・ライフ・バランスを考え勤務時間が多様化する予定

病院見学のご案内

当院の見学をご希望の方は、随時受付けておりますので下記連絡先にご連絡下さい。

〒814-8522 福岡市早良区祖原15番7号

  • 電話番号:092-831-1211(代表)
  • ファックス番号:092-831-3398
E-mail
soum@seijin.city.fukuoka.med.or.jp
URL

http://www.fma-hp.or.jp/

担当
看護部長(舩津)/総務・企画情報課長(藤元)

×閉じる