• 文字サイズ変更標準

電話番号:092-831-1211

平日 9:00〜17:00 土曜 9:00〜13:00

診療のご案内

チーム医療

心臓リハビリチーム

 当院では心臓病の患者さんに対し心臓リハビリテーションを行っています。
 みなさんは心臓リハビリテーションというと何を想像しますか。ほとんどの方が骨折や脳こうそく後の運動のリハビリテーションを想像されるのではないでしょうか。心臓リハビリテーションは他のリハビリテーションとは少し違います。心臓リハビリテーションは運動のリハビリテーションだけではなく、心臓病の再発予防を目的とした生活習慣改善も行う総合的なリハビリテーションプログラムです。
 対象は①狭心症、②心不全、③足の血管閉塞、④心臓手術後、⑤大動脈解離・大動脈瘤の患者さんです。
 理学療法士は運動療法を行い、退院後の運動指導を行っています。当院の特徴として、自転車をこぐことができる全ての患者さんに心肺運動負荷試験を行っていることがあげられます。
心肺運動負荷試験を行うと、有酸素運動の運動負荷量を正確に設定することができるようになり、安全で有効な運動療法を行うことができるようになります。
 薬剤師は患者さんの服薬状況を確認し、内服している薬剤の内容を本人・ご家族に説明し、退院後も確実に内服ができるようサポートします。
 管理栄養士は栄養状態、食事内容を評価し、栄養指導を行っています。
 看護師は生活習慣チェックシートを用いて、患者さんの生活習慣の問題点の抽出を行います。その結果を基に、患者さんとともに現実可能な生活習慣改善の計画を立てるようにしています。
 これらのプログラムは主に入院患者さんに対し行っておりますが、退院後、外来でも生活指導を行っています。希望される患者さんは心臓病再発予防外来を受診して頂き、各種検査、栄養指導、運動指導、生活指導を受けて頂き、生活習慣の見直しのサポートを行っています。
 心臓病は治療をして良くなっても、生活習慣が良くないと必ず再発する病気です。再発予防の為には患者さんご自身の生活習慣改善が必要です。我々は心臓リハビリテーションチームメンバーを中心に全スタッフが患者さんの再発予防に向けたサポートを行っています。

図2

×閉じる